有料老人ホームの種類とサービス

有料老人ホームの種類とサービス

有料老人ホームは、高齢者施設の中でも、もっともポピュラーなもので、入浴や排泄の介助、食事などの日常生活において、必要な支援を行う施設です。

有料老人ホームの入居条件は、施設によって違いますが、60歳以上と設定しているホームが一般的です。

マイナビニュースの情報ならこちらを参考にしてください。

多くの場合、独立型の個室を備えていて、大浴場やリクリエーションルームなどの共用施設も設置している施設が多いのが特徴です。

有料老人ホーム情報選びを親身になってアドバイスいたします。

有料老人ホームには、介護付き、健康型、住宅型の3つの種類があります。

介護付きは、介護保険の特定施設入居者生活介護の認定を受けた施設のことで、食事や介護サービスなど、すべてを施設職員が行うのが特徴です。


もっとも数が多いタイプで、老人ホームと呼ばれているのは、このタイプとなります。健康型は、健康で介護が必要ではない高齢者を対象とした施設で、食事や入浴などの支援サービスはあるものの、入居者が家事を行い、介護が必要となった時には、ホームを退去しなければいけない場合もあるので、注意が必要です。



住宅型は、健康な人や、要介護度が軽度な自立した高齢者向けの居住施設で、介護サービスは提供されていません。

もし介護が必要になった時には、個人で居宅介護サービスの契約を結び、利用することで、住み続けることができます。それぞれの施設では、サービスや入居費など違ってきますから、契約時に入居条件を確認し、将来介護が必要となった場合に、どうするのかをよく検討した上で選ぶことが大事です。

Copyright (C) 2016 有料老人ホームの種類とサービス All Rights Reserved.