終の棲家としての有料老人ホーム

終の棲家としての有料老人ホーム

有料老人ホームは原則60歳以上の人が入居できる施設です。
介護付が付いていなければ、将来65歳以上になった場合でも介護サービス自体はその有料老人ホームからは受けられません。

ただ、一般的には介護付すなわち介護の事業所としての認定を行政から受けますので、介護が必要になってもそのままその介護付有料老人ホームに入居を続けるようになるのが一般的です。

All About情報はすぐに役立ちます。

この有料老人ホームはその施設や受けられるサービスによって、入居一時金やその他諸経費が大きく異なるところがポイントになります。



施設それ自体が非常にサービス等も含めてよい場合には、入居一時金も含めて非常に高額になるケースは多い状況です。特に家族が今まで住んでいた住宅などを引き継がない意向を持っている場合などで、その不動産の売却資金を持って、入居一時金や毎月の費用に充てることによる入居を行う場合もよくあります。
ただし、医療機関に入院治療をしなければならない場合には、その医療機関に入院を行い、治療の結果退院となればまた戻ってきます。



そこでまた生活を送ると言うことで、かつての住宅に戻ることがあり得ません。


すなわち、そのまま不動産を持ち続けても誰も住まなかったり、あるいは貸したくても貸せないような場合には、手放すという選択をせざるを得ず、結果として有料老人ホームへの入居となるケースも多い状態となっています。

自宅などを手放すわけですから、この施設で最後までということになるわけです。


Copyright (C) 2016 終の棲家としての有料老人ホーム All Rights Reserved.